いほりホール

葬儀のマナー

葬儀のマナーについてのご紹介いたします。
 ご葬儀はその必要が出てきた途端、多くのことを短時間で決めなければなりません。
 その場での判断をより適切なものにするためにも、事前に考えられることや確認できることは
 しておきましょう。

焼香について

焼香とは、仏式(僧侶にお経を読んでもらうスタイル)の葬儀や法事で、お香を焚くことを指します。
お香は、抹香(香木を砕いた細かい木片)や、線香を使用します。
抹香の場合は炭の上で燃やし、線香の場合は通常どおり火をつけます。儀式においては抹香を用いることが多いので「焼香」という言葉自体が「抹香をあげること」をさし、線香を使用する場合には「線香をあげる」というように使い分ける方もいらっしゃいます。

ご焼香は、お仏前に芳香を捧げることによって、深くうやまいつつしむ心を捧げるという意味があります。また、香りで邪気を祓(はら)い、心身を清める意味もあります。

 

焼香の作法

ご焼香には、立って行う「立礼」と、座って行う「座礼」、そして、座って香炉を手元に置き、ご焼香してから隣の人へ回す「回し焼香」と、3つのスタイルがあります。

宗派によって違いがありますが、あくまで故人のご冥福を心を込めて祈る気持ちが大切です。
基本的なご焼香の方法は、まず、右手の親指・人差し指・中指の三本で抹香(香木を砕いた細かい木片)を少量つまみ、手を返して額の高さまでかかげます。(これを「押しいただく」といいます)
次に、左の香炉(炭の方)の少し上に移動させ、指をこすりながらパラパラと落とします。
このとき、数珠は左手にかけておきます。


  <焼香の回数>
浄土真宗本願寺派(一向宗 西)・臨済宗 1回
真宗大谷派(一向宗 東)・曹洞宗 2回
真言宗 3回
浄土宗 1回~3回
天台宗・日蓮宗 1回もしくは3回



玉串奉奠の作法(神式)

神事で行う「玉串奉奠」は、仏式の焼香にあたるものといってよいでしょう。
玉串とは榊の小枝に紙垂(しで)をつけたものです。
玉串奉奠とは、玉串に自分の心をのせ、神にささげるという意味がこめられています。

神職の前に並んで順番を待ちます。自分の番がきたら、神職および遺族に一礼してから、玉串を両手で受け取ります。このとき玉串は右が枝元、左に葉がくるように渡されますから、右手の親指を下にし、左手で支えるように受け、枝元が胸の高さになるようにやや持ち上げて一礼します。次に祭壇前にすすんで玉串案に供えます。

1 やや手前で一礼します。
2 左手で葉の部分を支えながら、右の手のひらを返し、玉串を半回転させます。
3 枝元を祭壇に向けて玉串案に供えます。
4 遺影を仰いで深く二礼し、2回しのび手(音を立てない)でかしわ手を打って一礼し、2、3歩後ずさりします。
5 向きを変えて神職と遺族に一礼し、自席にもどります。



献花の作法(キリスト教)

キリスト教式のご葬儀では、故人との別れの儀式として「献花(けんか)」が行なわれます。
これは日本独自の習慣で、カトリック、プロテスタントどちらでも行なわれています。
献花に使われる花は、菊やカーネーションのように茎が長いもので、花の色は白と決められています。

1
係員より花をいただきます。花が左、茎が右になるように渡されたら、左掌で花を受け、右手の指で上から茎をつまむようにして受け取ります。
2
そのまま胸の前に保持しながら祭壇の前まで進みます。
3
献花台の前で足を止め、そのまま軽く一礼します。
4
花が向こうに、根元が手前にくるように、時計回りに回しながら左手を根元まで下げたら、右手を花のほうに持ちかえて、さらに180度時計回りに回して完全に根元が霊前に向くようにしたら、献花台の上に捧げるようにおきます。
5
黙祷します〈胸の前で手を合わせても、手は下げたままでも良いです〉
6
軽く一礼して、あとの参列者の邪魔にならないように献花台の前を離れます。
7
右側の喪主の前に人がいないようなら近づいて一礼します。
8
親族の列に軽く会釈しながら退出します。

 

 

株式会社まるいち
〒602-8304
京都市上京区千本通上立売上ル作庵町518

TEL (075)431-7023 または (075)441-6254

FAX (075)414-2990
 
いほりホール
〒602-8475
京都市上京区千本通五辻上ル牡丹鉾町543